伊香保の看板

2月雪がちらつく中、群馬県伊香保温泉に行ってきました。
車では都内からは3時間ほど。関越自動車道、渋川伊香保ICより約20分です。電車では高崎から上越線・吾妻線に乗り換えて渋川駅へ。渋川駅から専用バス(関越交通)で30分ほどです(料金:大人570円)。標高1000m程の石段の階段左右にホテルや旅館が立ち並ぶ、昭和の雰囲気ただようどこか「なつかしい」印象のある日本有数の温泉街です。

温泉は古くからあり、当初は数件あった農家にお金を払って泊めてもらい温泉に通うなどしていたとのことです。石段は、真田昌幸(真田幸村の父)が武田勝頼(武田信玄の子)に命じられて作ったとのことです。江戸時代には関所も作られ、現在も石段街下に再現され、見ることができます。
明治の文豪、徳富蘆花(とくとみろか)も愛し、晩年を過ごした旅館、千明仁泉亭は現在も営業中です。徳富蘆花記念文学館は石段下にあります(入場料:一般大人350円、小中高校生200円)。

伊香保神社

まずは伊香保神社でパワーを!~365段を登り切った先に~

着!終点のバス亭を降りて、最初に向かったのは石段最上段にある伊香保神社です。バス亭から5分くらい歩くと石段街になるのでそこから上を目指します。 伊香保神社はパワースポットとして有名で、伊香保温泉を守護する神社です。是非お参りしたいと思い行きました。 人の流れに身を任せるとここにたどり着き、みなさんここでお参りしたり足を休めています。ここまで365段あるのでさすがに疲れますよね。ここから公共の露天風呂に続く道と、周囲の山々が望める上ノ山公園への道に分かれます。伊香保神社でパワーをもらって公共の露天風呂方面の道に行きました。

紅葉橋

公共露天風呂の途中で~紅葉橋と河鹿橋~

天風呂に行くの途中で川にかかる橋を発見しました。記念写真をと橋の上まで行きましたが、高所恐怖症の私は、怖かったです。この雪で滑るんじゃないかと気が気じゃなかったです。
露天風呂の手前までくると「工事期間中の為ご利用できません」という案内がありました。ちゃんと調べてくれば良かったです…。残念ですがこの橋でUターンしました。

橋の下

橋下の川

橋の下は、川が流れていて温泉と混ざってごらんのような茶色になっていました。本日泊まる旅館は上ってきた石段の中央を流れる源泉を引いているとのことで、ここでの露天風呂はあきらめ、旅館へ帰ってからの楽しみとしました。
この橋の横に飲泉場があり、温泉を飲むことができます。さっそく飲んでみましたが鉄分のような、硬度の高い水に感じるような硬さと苦味がありました。温泉効果が内側からしみこんでくるようです。

石段街の写真

石段街を満喫~食べ歩き、なつかしの駄菓子屋、射的、無料足湯~

館までは石段の左右にあるお店を見ながら楽しく下りてきました。石段の中央は源泉が流れていて、ところどころ湯気が立ち上っていて温泉街ならでは雰囲気でした。
射的屋があり、コルクを詰めておかしなどの景品を狙う鉄砲タイプだけではなく弓や、サッカー形式のものまでありました。小さいころに行った夏祭りを思い出す懐かしさがありました。
旅館で夕食を食べた後も営業していましたから、旅館の浴衣姿で楽しんでいた方もいらっしゃいましたよ。

射的屋や駄菓子屋の写真

べ歩きではなつかしい駄菓子や、伊香保まんじゅうなどがありました。喫茶店や出店形式のものまであります。
石段横で旅館が運営している気軽に入れそうな無料の「足湯」を発見しました。若い女性客に人気で混んでいたので私は遠慮しましたが入っている方はとても気持ちよさそうでした。

旅館の写真

宿到着~夕食と温泉と読書を楽しむ~

館に到着して、すぐ入浴しました。気温が低かったことと、源泉をそのまま掛けしてあるため旅館の露天風呂はかなりのぬるさでした。露天風呂は泊まった旅館の最上階にあり、風がふぶく中の入浴でした。
他に観光客の方2名が先に入っており、「ぬるくて湯船から出られない」と苦笑いしていました。風邪をひきそうだったので”うち湯”に移動して温まりました。極楽です。伊香保には「黄金の湯」と最近発見された「白銀の湯」の2種類があります。黄金の湯は下が見えないほど濁っています。どこまで下なのか見えないお風呂を気にしてか、女将さんに「大丈夫でしたか」と声をかけられるほど下が見えないんです。湯船に入るときは手すりにつかまりながら慎重に。入浴後は土地の食材を使った夕食と眠くなるまで読書に耽っていました。

温泉の効能

温泉の泉質・効能(黄金の湯/白銀の湯)

◎黄金(こがね)の湯
泉質:硫酸塩泉
効能:きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症(泉質別適応症)

◎白銀(しろがね)の湯
泉質:メタけい酸単純泉
効能:病後回復期、疲労回復、健康増進

ロープウェイからの写真

ロープウェイに乗って~上ノ山公園晩夏の景色と公園散策~

9月に伊香保へまた行きました。前回雪でロープウェイが運休して行けなかった上ノ山公園と工事中で行けなかった露天風呂にも行きました。雨が晴れて、ロープウェイからはきれいな山々の景色と花々が出迎えてくれました。

露天風呂は400円。ちょうど源泉が湧いているところでかなり熱かったです(源泉温度は約44℃なのでかなり熱めです)。洗い場などがないですが、タオルも売ってますし出たところの休憩室ではビールなども楽しめます。ちょっとつかりたいのであればおすすめです。時間があればまた行きたいと思いました。ではまた。

上ノ山公園展望台からの写真
上ノ山公園展望台から
上ノ山公園花の写真
上ノ山公園から
読んでいた小説の写真
石段を築いた真田昌幸も登場する真田太平記
伊香保の小道の写真
伊香保の小道